9月22日 エレクトリックステージ、YMJプレゼンツ『Earth Quaker Devices -アースクエイカーデバイセス-』デモンストレーション!

Fukuoka Guitar Festa来場アーティスト情報更新!

Earth Quaker Devices
伊東真一&中尾憲太郎EQDセッション


22日(土曜日)のエレクトリック・ギター・ステージでは気鋭のエフェクターブランド「Earth Quaker Devices -アースクエイカーデバイセス-」のデモンストレーションに、伊東真一さん、中尾憲太郎さんが登場!

伊東慎一
ギタリスト 伊東 真一

中尾憲太郎
ベーシスト/音楽プロデューサー 中尾 憲太郎

タイムスケジュールは、15:30~の予定です。
観覧にはギターフェスタ入場チケットが必要です。2日間有効。

Introduction

アースクエイカー・デバイセス代表のジェイミー スティルマンは自身のバンドでライブ、ツアー等を何年も行っており、元々物をいじるのが好きで所有していたエフェクター、オーバードライブが2004年頃故障してそれを自分で修理したのがきっかけで、エフェクターの製作をはじめました。エフェクターを分解した際に基盤のシンプルさに興味が沸き、筐体の塗装も含め、オハイオ州のアクロンの自宅の地下室で個人で一つ一つ本格的に製作を始めました。そしてBlack Key'sのギター、Dan AuerbachのペダルボードにHoof(フゥフファズ)が使用されているとインターネット上で話題になり、人気に火が付き始めアースクエイカー・デバイセスの誕生に至ります。 ジェイミーの根本に有るパンクなDIY精神で始めたエフェクター製作ですが、今でもその精神を忘れずにパーツの選定を含め、手作業で一つ一つ丁寧にエフェクターを制作しています。扱い易さを前提にしながらも、ビンテージからモダン、使い手の希望の音色や、使い手にインスピレーションを与える様なエフェクターを制作しています。


Artist Profile

伊東 真一(いとう しんいち)

1978年生まれ、福岡県出身のギタリスト。
1998年にSPARTA LOCALSを結成。
2009年の解散までに7枚のオリジナルアルバムを発表。
解散後は同バンドのボーカル安部コウセイとHINTOを結成。現在までに3枚のオリジナルアルバムを発表。
安部とはフォークユニット、堕落モーションFOLK2としても活動しこれまでに2枚の作品を発表。
2016年にSPARTA LOCALSを再結成。
その他にもkilling Boyやdownyのメンバーを中心に結成されたインストバンドfresh!にも参加。
サポートとしてフジファブリック、菅原卓郎(9mm parabellum bullet)、初恋の嵐、木下理樹(ART-SCHOOL)、沖ちづる、等のライブやレコーディングにも参加。


中尾 憲太郎(なかお けんたろう)

ベーシスト/音楽プロデューサー
99年から02年までナンバーガールのベーシストとして活動、
その後は自身のバンドCrypt Cityをはじめ、
現在はACO、浅井健一& The Interchenge Kills、
ART-SCHOOL、Seagull Screaming Kiss Her Kiss Her、
SPANK PAGE、younGSoundsなどのバンドに参加の他プロデュース等も行う。


-------------------------
福岡エリアの有力ショップから、憧れのブランドまでが一挙に並び、
圧倒的な製品群を、見られて、試せて、買える、
ギター(ベース、アコギ)好きの為の九州最大規模のイベントです。
ギタークリニックやアーティストのセミナーも観覧できます!
-------------------------
『福岡ギターフェスタ2018』は、
『電気ビルみらいホール』で開催!
『渡辺通駅直結』で楽々来場可能!
-------------------------
2018年9月22日<土>11:00~19:00、9月23日<日>10:00~16:00
-------------------------
<2日間共通チケット><入退場自由>
前売 大人800円 高校・専門・大学生400円{共に税込}
当日 大人1000円 高校・専門・大学生500円{共に税込}
※ローソンチケット、出展楽器店各店、当日会場入り口にて購入可能
-------------------------


この記事へのコメント